遠近法「奥行きを色で表す空気遠近法と線で表す透視図法 」

遠近法

二次元の平面にいかに奥行きを表現するか、その方法に遠近法がありますが、代表的なもとして空気遠近法透視図法 (線遠近法)の2つがあげられます。

単純に言えば、奥行きを「色」で表すか、「線」で表すかということになります。

空気遠近法

空気遠近法

空気遠近法は、遠くの景色が大気の影響によって青みを帯びて見える性質を利用して、奥行きを表現する方法です。

経験的に見て知っていることを、そのまま描くだけでそれらしい表現になりますから、比較的理解はしやすいと思います。

レオナルド・ダ・ヴィンチも、熱心に空気遠近法の研究を行っていました。

透視図法 (線遠近法)

図書館

絵の勉強をする中で、大きな壁になるのがこれではないでしょうか。
数学的で体系化された空間表現方法ですから、拒否反応を示す人も少なくないはずです。

しかし、建物を描くならぜひともマスターしたいところです。
建物だけでなく静物や人物にも透視図法の考え方は当てはまりますから、しっかり押さえておきたいところです。

透視図法はルネサンス期に活躍した建築家、フィリッポ・ブルネレスキによる消失点の発見が、始まりだと言われています。

透視図法には一点透視図法二点透視図法三点透視図法があります。
さらに簡略図法やその他の便利なテクニックもあります。

一般的な別称としてパースペクティブ、その略語のパースなどとも呼ばれます。

透視図を考える時、「モチーフ」とそれを自分がどこで見ているか「視点」、そしてその間に透視図が描かれる「画面」の3つの関係をおさえなければなりません。

詳しく知りたい方は、次のリンクからご覧ください。

最後に

遠近法、色彩、人体、構図などの講座ブログは、「絵画講座 / インデックス」として、まとめてありますので、ご活用いただければ幸いです。

■ 絵画講座 / インデックスはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました