送って楽しい!もらって嬉しい!手紙の書き方とポストクロッシング

手紙

SNSの発達により、手紙を書く機会はめっきり少なくなりました。

年賀状を辞退する人も増えています。
賀状をもらうのは嬉しいけれど出すのは億劫…それが本音ではないでしょうか。

字を書くだけでも面倒なのに、伝えたいことを端的にまとめて文章を書くのは面倒なだけでなく、けっこう難しい。
しかも、手紙には形式があります。
これは、慣れてなければ厄介なものでしかない。

手紙を遠ざけてしまうのも当然だと思います。

個人的には、展覧会の案内状やご来廊のお礼状などを出すことが多く、そういう意味では手紙を書く機会は多い方だと思います。

時代遅れかもしれませんが、この記事では手紙の書き方と、楽しみ方について触れてみます。

書き慣れれば、手紙を書くことも楽しくなりますよ。

手紙の書式

手紙

手紙には型があります。
これが最大のネックになって、ほとんどの方が書くことをためらってしまうのでしょう。

型にとらわれ過ぎて書かないよりは書いた方がいいので、それほど気にしなくてもいいと思いますが、相手によっては押さえておきたいところです。

まずは手紙の型を知っておきましょう。

① 前文

書き始めの挨拶分です。

・頭語 「拝啓」、「拝復」など。
・時候の挨拶 「春暖の候」「秋めいてまいりました」など。
・相互の安否の挨拶 平素の疎遠を詫びる言葉など。

これらすべてを略して、「前略」とし、すぐに本文に入ることもあります。

② 本文

前文を受けて、「さて」、「ときに」などの起辞を置き、本文へとつなぎます。

➂ 末文

「まずは右お願いまで」、「取り急ぎご連絡まで」と区切り、「敬具」、「頓首」などの結語で結びます。

頭語に「前略」を置いた場合は、「早々」と結びます。女性ならば「かしこ」。
頭語と結語の組み合わせは決まっています。

④ 後付

日付、署名、宛名を書きます。

日付は本文より1字か2字下げて書き、署名は日付の次の行、末尾を本文の行末に揃えて書きます。

宛名は目上の人なら日付より高く、同輩なら同じ高さに、後輩には低く書きます。

➄ 副分

追伸文です。「追って書き」「なおなお書き」ともいいます。
副分は書かない方がよく、目上の相手には避けたいものです。

押さえておきたい手紙のマナー

以前、とある小学校の教員から頂いたお礼状に驚いたことがあります。
まず、文章が分かりにくく内容も稚拙。
これで教員が勤まっているのか、と呆れるほどでした。

その上、ホワイトを何箇所使ったら気が済むのか、というくらい修正している。
手紙の型もめちゃくちゃ。
使っている便せんはキャラクターもの。

若い方でしたから、手紙の書き方を知らないのも無理はないのですが、これではお礼の効果も半減してしまいます。

最低限のマナーは押さえておきたいものです。

ここでは、七つの項目を挙げてみました。

① 便せん1枚で終わる内容なら葉書に書く

便せん1枚で終わる手紙には、余分に白紙の便せんを1枚添えるという習慣を聞きますけど、もらった方はどことなくがっかりします。

封書で出すなら、最低2枚は書きたい。
ただし、2枚目は3分の1程度の余白を残すと、見た目が美しくなります。

② 書き間違えたら書き直す

特に、目上の人に対する手紙は、修正液を使うことは避けるべきです。
友達レベルなら、二本線を引いて訂正すればいいでしょう。

➂ 罫線入りの便せんは略式扱い

目上の人や、仕事相手には使わない方が無難です。

④ 下手な字で書くより、パソコンの文字の方がいいか

パソコンで書いたのなら、そのままメール送信すればいいと思います。
下手な字が失礼ではないし、肉筆の方が温かみが伝わりやすいものです。

➄ 「拝啓」ではなく、「前略」から書くと失礼か

形式を重んじるタイプや、かなりの年配の相手でなければ気にすることはないでしょう。
文章に相手への敬意を込めればそれで十分です。

⑥ 自分の住所は必ず書く

受け取った相手が返事を書く場合、差出人の住所がないと、調べる手間がかかります。
もう一つは、宛先を書き間違えていた場合、差出人の住所がない手紙は行き場を失うことです。

⑦ あらたまった内容には、白い便せんを使う

便せんや封筒は、白が礼儀にかなったものとされます。

送って楽しい、もらって嬉しい手紙にするために

手紙を出すにあたって、いくつかの楽しみ方があります。
これに関しては、手紙を受け取る側の気持ちを考えるとよいでしょう。

ここでは、一般的なことに加えて、個人的に意識していることを紹介します。 

① 封筒

文具店に行けば、いろいろな封筒が売られています。
茶封筒、白無地、花柄、和紙…さまざまに買いそろえておいて、相手や機会によって選んでいます。

② 便せん/ポストカード

封筒と同様に買いそろえておき、これも相手によって選んでいます。
ポストカードは展覧会などで買うことが多いです。

➂ 筆記具

筆ペン、ボールペン、カラーサインペンなどを使い分けています。

④ 切手

切手は手紙の顔です。
記念切手をコレクションしておいて、季節感を演出したり、手紙の内容によって選んだりします。

下の写真のように、貼り方を工夫しても面白いと思います。

切手の貼り方

郵便局のホームページによると、切手は基本的には「縦長にしたときの左上」に貼ることになっています(下図)。

横長の手紙の場合は右上です。
これは機械でスムーズかつ正確に仕分けるためだそうです。

※ 斜めになってはいけないとは明記されていません。
※ 枚数の制限もしていません。

➄ 文香(ふみこう)

手紙に入れるお香です。
落ち葉の形や、動物の形などさまざまな種類があります。
(※ 1円玉はサイズの参考です)

封筒に入れておくと、香りも一緒に届きます。

文香
「文香いろいろ」

文香は手紙だけでなく御祝袋に入れたり、鞄や名刺入れにそっと忍ばせておくのもいいものです。
贈り物にも最適です。

次に紹介している包み香 (文香) は、パッケージサイズ3.5×8.5×2.7(㎝)とコンパクトで、手土産にも最適です。
種類は全部で26種類、香りは白檀をベースに調香されています。

名詞入れに忍ばせておき、うつり香とともにお渡しすれば、お洒落なだけではなく印象に残ること間違いなしです。

これ、けっこう使えますよ。
話のきっかけにもなりますし。

ポストクロッシング

手紙

ポストクロッシングをご存知でしょうか。
世界中にいる会員同士が、葉書(通常は絵葉書)を送りあうことを楽しむものです。

他の会員に葉書を郵送すると、別の会員から葉書が送られてきます。
送る相手も送られてくる相手も、コンピューターが無作為に選びだすので、思いもしない国から葉書が届くのです。

郵便ポストをびっくり箱にしようとする、なんとも素敵なプロジェクトではありませんか。
ある日突然見知らぬ国のポストカードが届いていたら、きっと嬉しいでしょうね。

ただ、世界中の人達とやり取りをする性質上、英語を共通語として使います。
英語の勉強にもなるので、気になる方はお試しを。

≫ ポストクロッシングはこちら

最後に

手紙を書くことは楽しいのです。
相手のことを考えて言葉を届ける…なんとも素敵なことだと思いませんか。

SNSが盛んになっている今だからこそ、手紙の良さに気づいてほしいものです。


遠近法、色彩、人体、構図などの講座ブログは、「絵画講座 / インデックス」として、まとめてありますので、ご活用いただければ幸いです。

■ 絵画講座 / インデックスはこちら


コメント

タイトルとURLをコピーしました