制作のための色彩理論

制作のための色彩理論

色の分類と補色と色相環

私たち人間が認識できる色の数は一般的に750万色~1000万色と言われています。 その膨大な色数を整理する考え方について説明しています。併せて2種類の補色と色相環についても触れています。
制作のための色彩理論

減法混色と加法混色と色の作り方

減法混色と3つの加法混色に併せて、色の作り方を説明しています。
制作のための色彩理論

背景(バック)の色の決め方‥「色のイメージ」

色が持つ様々なイメージは、絵の印象を左右するほど影響を与えます。 また、国旗にも色のイメージが取り入れられています。 ここでは代表的な色が持つイメージを取り上げました。
タイトルとURLをコピーしました