映画「美術館を手玉に取った男」‥贋作者マーク・ランディスとは?

マーク・ランディス
「マーク・ランディス」:引用 Wikipedia

本物と見分けがつかない精巧な贋作。

そんな作品が全米の多くの美術館で発見された。

寄贈されたそれらの贋作は、本人が描いたこと以外は、なんら本物と変わりはないのです。

しかし、それだけの理由で、無価値の作品として排除されてしまいます。

芸術の価値とは何かを問うような映画です。

U-NEXTなら、「美術館を手玉に取った男」を無料で見ることができます。

もちろん、登録も無料です。

「美術館を手玉に取った男」あらすじ

「美術館を手玉に取った男」は、30年間に渡って名画の贋作を無償で美術館に寄贈し続けた贋作者、マーク・ランディスのドキュメンタリー映画です。

2011年にアメリカで発覚した事件は、実に奇妙なのだ。

本来なら、途方もない金額で売ることができるはずの、精巧に作られた贋作。
その贋作を、自ら神父などのキャラクターに扮し、美術館に寄贈するのです。

しかし、彼は無償で寄贈しているので、罪に問われていないばかりか、本人にも罪の意識はない。

そんな慈善事業と称する活動を続けた彼に、ある転機が訪れるのだが…。

「美術館を手玉に取った男」見どころ

金儲けや才能の証明、権威を失墜させることにはまったく無関心の贋作者 、マーク・ランディス。
彼は30年間で全米20州、46の美術館を手玉に取りました。

寄贈された贋作は、100を超えるのです。

そんな彼の贋作制作の様子は、絵を描く者にとって大変興味深いものです。

彼自身が、実際に描いているところを見られるのですから。

贋作の完成度は非常に高く、作風の違う数々の巨匠たちの作品を、完全にコピーしているのです。
それは、15世紀のイコン、ピカソ、ディズニーまで、実に幅広く驚かされます。

この映画は、マーク・ランディスだけでなく、彼の贋作を見破った美術館職員のマシュー・レイニンガーにも迫っています。
ランディスに執着し仕事を首になっても、彼を追い続け贋作制作をやめさせようとするレイニンガー。

贋作者、追跡する人、騙された人々が絡み合い、新たなテーマが浮かび上がってくるのです。

善意の贋作者? マーク・ランディス

マーク・オーガスタス・ランディスは1955年3月10日、バージニア州ノーフォークに生まれました。

17歳の頃、父親を亡くしたことにより精神疾患で苦しみ、治療を受けたカンザス州の病院で統合失調症と診断されます。

その治療の一環としてのアートセラピーが、彼の芸術的な才能を開花させることになります。

マーク・ランディスは全米の美術館に自ら制作した精巧な贋作を、慈善事業と称して全米中の美術館に無償で寄贈し続けました。

金銭目的でも、名誉のためでもありません。
純粋な善意と創作意欲があるだけなのです。

自分の作品を作るべきだとアドバイスする人もいましたが、彼にとっては贋作の方がずっと価値があるようです。

キャスト / 監督

出演
マーク・ランディス
マシュー・レイニンガー
アーロン・コーワン

監督
サム・カルマン
ジェニファー・グラウスマン

関連記事

U-NEXT解約方法について

ここでU-NEXTの解約方法を紹介しておきます。

U-NEXTのWebサイトにログインします。
メニュー覧の【アカウント設定】をクリックします。
【アカウント設定】の【契約・決済情報】にある【契約内容の確認・解約】をクリックします。
【月額サービス】の【月額プラン】にある【解約手続きはこちら】をクリックします。
解約を進めてよろしければ【次へ】をクリックします。
  (※ 残りの日数やお勧めの見放題作品が表示されます)
注意事項にチェックを付け【解約】をクリックします。
  (※ アンケートが表示されますが答えなくても構いません)

最後に

「美術館を手玉に取る男」はU-NEXTで、2021年9月1日 23:59まで見放題で配信予定です。

 U-NEXTに登録すれば、31日間は無料で見放題作品が見られます。
👉👉👉 登録は無料です。

600円分のポイントプレゼントもあるので、ポイントの範囲内で有料作品も見られます。

U-NEXTでは、「美術館を手玉に取る男」以外にも見放題作品を多数配信中です。


遠近法、色彩、人体、構図などの講座ブログは、「絵画講座 / インデックス」として、まとめてありますので、ご活用いただければ幸いです。

■ 絵画講座 / インデックスはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました