もう一人のフェルメール‥贋作者「ハン・ファン・メ―ヘレン」

ハン・ファン・メ―ヘレン
「ハン・ファン・メ―ヘレン‥Wikipediaより引用」

日本でも人気を誇るフェルメールですが、そのフェルメールを完璧に再現した人物がいました。

彼の名はハン・ファン・メ―ヘレン。

敵国ドイツにフェルメールの作品を売り渡したということで、国家反逆罪に問われ逮捕されます。

潔白を証明するために、それらすべての作品は自分が描いたと主張するも認められません。

自らの贋作の完璧さが、仇となってしまうのです。

メ―ヘレンはなぜ贋作者になったのか

幼いころから画家を夢見ていたメ―ヘレンは、古典派の画家から絵を学びます。

しかし、父親は美術を勉強することに反対していました。

そのため、希望していた美大を諦め、デルフト工科大学の建築学科に進学します。

在学中に出品したコンクールで、金賞を獲得し自信を得た彼は、大学を辞めハーグ王立アカデミーに入学します。

ようやく、画家としての道が開けるのです。

その後の初個展は大成功を収めますが、時代の変化の中で、批評家たちから切り捨てられてしまいます。

さらに不倫の発覚、離婚、酒、ドラッグ…。
生活は荒んでいきました。

そんな頃、修復師を名乗る男から、古典絵画の修復の仕事を持ちかけられるのです。
修復というよりは、古い絵画に加筆修正するというような仕事でした。

手がけたフランス・ハルスの作品で、一度は一流鑑定士から本物だと認めらるものの、再鑑定でニセモノの判定をされてしまいます。
このことが、彼の闘志に火をつけるのです。

彼の闘志は歪んだものでしたが、より完璧な贋作を目指し、フェルメールの作品に挑みます。

これが当時の専門家たちの目を見事に欺いたのです。

贋作者「ハン・ファン・メ―ヘレン」の誕生です。

ここからは彼の独壇場となり、フェルメールの贋作で莫大な富を手に入れます。

メ―ヘレンの作品は、なぜ贋作だとわかったのか

専門家たちの目を欺くほどの完成度にもかかわらず、なぜメ―ヘレンの作品は贋作だとわかったのでしょうか。

そのきっかけは、ナチス・ドイツにあります。

戦時中、彼はフェルメールの作品をドイツに売り渡したということで、オランダ陸軍から国家反逆罪に問われます。

潔白を証明するためには、もはや描いて見せるしかありませんでした

これにより、専門家達も騙されていたことを認め、彼の罪は詐欺罪で禁固1年。

しかも、敵国ドイツを騙したということで、オランダ国民から英雄扱いを受けます。

これでようやく自分の絵が描けると思った矢先、服役中に心臓発作で亡くなります。

享年58歳でした。

関連記事

最後に

遠近法、色彩、人体、構図などの講座ブログは、「絵画講座 / インデックス」として、まとめてありますので、ご活用いただければ幸いです。

■ 絵画講座 / インデックスはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました