恋愛論「絵画教室あるある話」

恋愛論を語るほどの経験はありませんが、絵を描くことや絵画教室のあるある話を、恋愛話に結び付けて書いてみたいと思います。

恋愛論 その➀「距離感」

ストレスを抱える女性

付き合ってる時は、相手のいいところしか見えません。
お互い盛り上がってますし、離れて暮らしてますから。

でも、一緒に暮らし始めると、だんだん冷静になって、イヤなところが目に付くようになる。
一旦目に付くと、そこばかり気になってしまう。
お互い文句を言うようになる。

「あなたは変わった」

変わったのではなく、自分の見る場所が変わってしまったのです。
結局、離れ離れに…。

それはさておき、これはそのまま絵にもあてはまるのではないでしょうか。

描き始めは気分も盛り上がっています。
客観的にモチーフを見ながら、直感的に色を置いて活き活きした感じになっていきます。

しかし、制作が進むにつれ、つい細かく見るようになる。

すると作品との距離も縮まり、小さなことが気になり始める。
ほんのちょっとはみ出したとか、なんか微妙に色が違うとか…。

傍から見ているとどうでもいいような本当に小さなことです。

しかし、本人は気になって仕方がない。
耐えられなくなって、投げ出してしまう。

しばらくして、ふと目にすると…、

「あれ? 思っていたほど悪くない」

そんなふうに感じた経験はありませんか。

適度な距離感は大事です。

恋愛論 その②「忙しいからの真意」

電話をする女性

好きな人や恋人から、「仕事が忙しくて会えない」などと言われたことはありませんか。

それも、急に忙しくなったり…。
でも、そんなに急に忙しくなるはずはないし、忙しいから会えないなんていうこともありません。

英語を勉強しようと思っている人がいるとします。
その人が「忙しくて勉強する時間がない」と言っていたら、「勉強する気はあるのか?」と、突っ込みたくなりますよね。

英語の勉強をしたいと思っているのは事実なんでしょうが、それほど必要に迫られてもいないということなんでしょう。

つまり、「仕事が忙しくて会えない」を訳すと、「あなたと会うために、仕事を早く終わらせようとは思わない」とか、「少しでも会えるように、時間を作る努力をしようとは思わない」ということになります。

もっと簡単に言いうと、「あなたに会う時間は、自分の中で優先順位が低い」ということです。

しかし、本当に忙しい時はあります。
こんな時は「忙しい」を理由にしません。

話を絵画教室に移します。

みなさん、上手くなりたいと仰る。

せっかく続けているのだから、そう思うのは当前だと思うので、「少しでもいいから毎日描かないと、簡単には上手くなりませんよ」と言うと…、

毎日は忙しいので無理です

じゃあ、せめて3日に1日くらいならできますよね

町内会の会合とかがあるので

とかぁ~?

他になにがあるんですか?

主婦は何かと忙しいんです

こういうやりとりは、どこの教室でもあると思います。

これでは、本気で上手くなりたいと言うほどのやる気は感じられません。

せめて、「忙しい」を理由にしてほしくないものです。

恋愛論 その➂「出会いは多い方がいい」

乾杯

恋愛の第一歩は出会いです。
出会いの場も、学校や職場、飲み会、友人からの紹介、インターネットを利用した出会いまで多様化しています。

異性と出会うためには行動力は欠かせません。

出会いがないというなら、積極的に環境を変える必要があります。
職場と自宅を行き来するだけの生活に、新しい出会いは期待できません。

自分の見た目を変えてみるのもいいでしょう。

そうすれば、チャンスは広がるはずです。

出会いがあれば、ぜひとも何とかしたいところですが、その先のことはあなたの方がよくご存知でしょう。

話を絵画教室に移します。

先述したように、上手くなりたいという方は、たくさんいらっしゃいます。
そのためには、毎日描くことだと言いました。

技術的なことが洗練されるからですが、それだけではありません。
分からなかったことが理解できたり、偶然にも新たな技術に気が付いたりできるからです。

描けば描くほど、こういう機会に恵まれます。
そこに紐づいて、別の情報が手に入ることもあります。

出会いを求めて貪欲になれば1人と言わず2人、3人の異性と出会える可能性があるということです。

現実的に、こんな経験はありませんけどね…(泣)。

最後に

恋愛論については様々なご意見もあるでしょうが、これらの絵画教室あるある話は、めずらしいことではありません。


遠近法、色彩、人体、構図などの講座ブログは、「絵画講座 / インデックス」として、まとめてありますので、ご活用いただければ幸いです。

■ 絵画講座 / インデックスはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました