遠近法 「介線法」

介線法とは

介線法とは、立面の斜角45°を使った作図法のことです。

立面の斜角45°というのは、地盤面と45°をなす坂道の消(失)線です。

これを「介線」と呼びます。

図1のように、立方体の側面の対角線と考えると、分かりやすいのではないでしょうか。

介線法
(図1)

介線を使って、奥行きを割り出す方法

ここでは、介線を使って作図をする方法ではなく、スケッチで奥行きを知る一つの手段として紹介します。

まず、任意の正方形ABCDを設定します (図2)。

介線法
(図2)

これは、あくまでも感覚的なものです。

透視図上で、それらしく正方形に見える形を描けばいい。

私たちは絵が描ければいいので、図面を描くほどの正確さは必要ないのです。

この正方形に対角線を引きます (図3 AC)。

介線法
(図3)

これが「介線」となり、奥行き寸法補助線となります。

実長ABが、奥行き方向の長さADとなっています。

奥行き方向の長さは、いったん一番手前の垂直線上に割り付けてから、介線を使って奥行き方向へ割り付けます (図4)。
透視図上で、APとARは同じ長さということになります。
介線法
(図4)

最後に

介線法は、広い作図スペースが必要なため、あまり実用的とは言えません。
その上、奥行き方向の実寸比も必要ですから、スケッチで使える場面は少ないです。

1つの参考にしてください。


遠近法、色彩、人体、構図などの講座ブログは、「絵画講座 / インデックス」として、まとめてありますので、ご活用いただければ幸いです。

■ 絵画講座 / インデックスはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました