絵を描くための写真撮影‥自分が見ている世界と写真の違い

カメラと写真

スマートフォンの普及により、カメラがより身近なものになり、写真は私たちの生活から切っても切り離せないものになっています。

近年のスマホやタブレットの画像はとても美しく、その画像をもとに絵を描く人も少なくないかと思います。

教室でもスマホを使って写真を撮る方が増えています。
と同時に、写真がないと絵が描けない人も増えています。

写真を使うことが悪いわけではありませんが、写真に依存してしまうのは、あまり良いことだとは言えません。

特に、写真と自分が見ている世界の違いに気が付いていない人は、注意が必要です。

この記事では、写真を使う際の注意点について解説しています。

写真撮影について

写真を使う場合、制作の補助として使える写真でなければ、意味がありません。

シャッターさえ押せば、目の前の物が正確に写ると思っていらっしゃる方は多いのですが、実際にはそうではないことの方が多いのです。

教室で見ていると、ほとんどの方が、モチーフを鮮明に記録したいからといって、接近してシャッターを切っています。

そうすると、前後差が強調された不自然な写真になってしまうのです(図1)

みかん
(図1)

手前にあるミカンが、とても大きく感じますね。

この違和感は、すこし離れたところから撮影するだけで、かなり解消されます(図2)

みかん
(図2)

図1と比べると、その違いは明らかです。

もちろん、図1と図2でミカンの位置を変えて撮影しているわけではありません。

撮影位置によって、なぜ違う画像になるのか

なぜこのような違いが起こるのでしょうか。

写真撮影
(図3)

モチーフに近づくと(図3 青いカメラ)、それぞれのミカンとカメラの距離の比率は大きくなるので、前後差が強調されて映ります。

モチーフから離れると(図3 赤いカメラ)、それぞれのミカンとカメラとの距離の比率は小さくなるので、前後差は強調されず自然な感じに映るのです。

どの程度の距離を取るかは、モニターでチェックしながら探ります。

これは、顔を写す時も同じです。
近づきすぎると、歪みは大きくなり、別人のようになってしまいます。

写真との合成で描く

教室で人物を描くと、背景を外の風景と合成してしまう方がいます。

草むらに座らせたり、海岸に立たせたりして、思い思いの世界を作り上げています。

それはそれでいいんですけど、明らかに良くない時があります。

背景を別の風景と合成する時に、一番注意するべきは水平線の位置と光です。

人物を見ている目の高さと、合成しようとする風景の目の高さがズレていると、なんとも言えない不思議な状況になってしまいます。

絵を見ているだけで酔ってしまいそうになるくらい酷い場合もありますが、本人はいたって平気ですから困ったものです。

また、教室で描いた人物には右から光が当たっているのに、背景に使われている風景はその反対側からの光になっている。

そんなバカな…と、思うかもしれませんが、これもよくあることです。

季節によっても光の強さは違いますから、着ている洋服に見合った季節の光になっていなければなりません。

背景を変えるなら、最低限のポイントは押さえておきたいものです。

最後に

シャッターを切るだけで安心してはいけません。
必ず、自分が見ている世界との違いを確認しましょう。

後で画像を見て、現実との違いに気が付いても遅いのです。

「あの時、ホントはもっときれいだったんです」
そんな声をよく聞きますが、後の祭りです。

肝心なところが欠けていたり、ピントがボケていたり、明暗が曖昧だったりなどもよくあることです。

曇った風景写真を見ながら、晴れた絵にしたいなどと仰る方も少なくありませんが、それならば晴れた写真を用意するべきです。

写真を使うならば、可能な限り現実の世界に近い写真を使うべきなので、その写真が撮れるまでシャッターを切り続ける覚悟が必要です。

しかし、写真を撮ることに執念を燃やすのではなく、あくまでも自分の眼と手で描く練習を続けてほしいと思います。

写真の使用は、あくまでも参考程度に留めたいものです。


遠近法、色彩、人体、構図などの講座ブログは、「絵画講座 / インデックス」として、まとめてありますので、ご活用いただければ幸いです。

■ 絵画講座 / インデックスはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました