カルチャー教室での風景スケッチと京都の観光名所「十石舟・寺田屋」

十石舟

風景スケッチ講座

京都の絵画教室KBSカルチャー八幡校で、中書島にある濠川ごうかわ(ほりかわとも呼ばれます)へスケッチに行きました。

コロナの陽性者が急増していることもあって、いつもなら観光客で賑っているこの場所も、とても静かでした。
目の前を行き交う十石舟に乗っている人も、わずか2~3人です。

この状況を見ていた生徒さんから、「せっかくだから十石舟に乗りませんか」と声が上がる。

殊勝なことに生徒の皆さんは定刻の2時間近く前から来られていて、僕が到着する頃にはスケッチはほぼ出来上がっているのです。

僕は描きたかったので一度はお断りしたものの、「次の出発時刻まで30分くらいありますから」という誘いにのってしまった。

集合時刻が早いことと乗船場までの移動時間を考えると、描く時間はかなり厳しい。
短時間で何とか仕上げようと思って頑張ってみたものの、中途半端に終わってしまう(泣)。

十石船水彩スケッチ

大急ぎで片づけて乗船場へ。
こういう時に水彩は楽でいい。

いざ十石舟へ

十石船

「いざ…」なんて言うと何を大げさな…な~んて言われそうですけど、実は舟に弱いんです。

車酔いをしなくなったのも30才を過ぎる頃でしたから、僕の唯一の弱点です。

さて、出発してまず最初に見えてくるのが、新京都百景に選ばれたという月桂冠大蔵記念館です。
今から約115年前に建てられたそうです。

月桂冠
「月桂冠大蔵記念館」

しばらく進むと、「坂本龍馬」とその妻「お龍」の銅像が見えてきます。

坂本龍馬とお龍
「坂本龍馬とその妻 お龍の銅像」
刀傷を癒すために、ここ寺田浜から九州へ旅に出たことが、日本で初めての新婚旅行だと言われています。この対岸に坂本龍馬襲撃事件のあった寺田屋があります。

このあと十石舟はしばらくまっすぐ進みます。

琵琶湖疎水の本流が見えてくると、これを右手に見ながら、左の方へと進んでいきます。

琵琶湖疎水
「琵琶湖疎水の本流」

目の前の港大橋をくぐり抜けると、船着き場のある三栖閘門みすこうもんはもうすぐです。
橋の右端にわずかに三栖閘門が見えていますね。
ちなみに、橋の右側は伏見みなと広場、左側は伏見港公園です。

港大橋
「港大橋」

まもなく到着です。
正面に赤い水門が見えますが、この向こう側に宇治川が広がっています。

三栖閘門
「三栖閘門」

ここで一度下船して、三栖閘門資料館(写真右の建物)を見学します。
三栖閘門資料館は、もともと閘門の操作室でした。

三栖閘門
「三栖閘門資料館と水門」

舟を降りるときに、ピンクの乗り継ぎ券を受け取ります。

三栖閘門資料館
「三栖閘門資料館」

ここでは、閘門の成り立ちや伏見の歴史などを解説していただきました。

三栖閘門は1929(昭和4)年に造られた、濠川と宇治川を結ぶ土木構造物です。
この2つの川の水位は違うので、2つのゲートで閘室内の水位を調節し、水位の違う濠川と宇治川を連続させる役割をしていました。
現在、交通路としての利用はされていません。
中書島閘門

昨年の秋のスケッチです。
この頃は少なからず観光客もいたんですけどねぇ。

旅籠「寺田屋」

舟を降りてすぐに寺田屋へ向かってみるものの、参観時間には間に合いませんでした。
中の様子が見れなかったのは残念です。

寺田屋

寺田屋は坂本龍馬襲撃事件で知られていますが、現在の寺田屋は明治になって再建されたものらしい。

見学の受付は、10時から15時40分まで。
終了は16時です。

最後に

濠川沿いはスケッチポイントに恵まれていますし、季節ごとにいろいろな表情を楽しむことができます。スケッチ後は、観光名所を訪れるのもいいでしょう。

機会があればぜひスケッチに出かけてみてください。

水彩風景スケッチ
「風景スケッチ」

■ 「坂元忠夫の絵画教室」については、以下のリンクをクリックの上、ご参照ください。

遠近法、色彩、人体、構図などの講座ブログは、「絵画講座 / インデックス」として、まとめてありますので、ご活用いただければ幸いです。

■ 絵画講座 / インデックスはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました