展覧会情報「第11回 白日会関西支部 選抜展」

祝!!心斎橋アートサロンから公募展へ出品の生徒さんが受賞!

生徒作品受賞作

心斎橋アートサロンの生徒さんが、公募展(二元会展)で会友佳作賞を受賞されました。
この記事では、受賞作を含む出品作2点について解説しています。

受賞作「村から望む アマ・ダブラム」について

制作に使用した写真は、ご本人が登山好きということもあり、実際に現地のネパールへ足を運び撮影してこられたものです。

制作期間は約3ヵ月。
この間にF80号2点を制作し出品、その内の1点が今回の受賞となりました。

本作の制作にあたっては、教室で習作も描かれているのです。
1日も休まずに…。

ですから、この受賞はコロナ禍をものともせずに描き続けた、当然の結果と言っても過言ではないと思います。

では、作品のディティールを見ていきましょう。

光輝くアマ・ダブラムの神々しさと、猛々しい存在感に負けない重厚なマチエール。
近寄ってみれば苦労の跡が見えます。

生徒作品マチエール

中景の茶色い山も固有色だけでなく、ブルー系の寒色が使われていて、遠景から近景を巧みにつないでいるのが分かります。
(もう少し特徴的な部分を撮っておくべきでした💦)

生徒作品マチエール

建物は山のスケールを表す重要なアイテムです。
適当に描いてしまうと山が小さく見えてしまうので注意が必要です。

生徒作品アップ

これらの各パートが破綻することなく纏まり、絵に奥行きと迫力を与えているのです。

作品のロケ地について

作品の一番手前に見える集落は「グンデ村」、その先に「クムジュン村」と続いています。

「クムジュン村」は聖なる山クーンビラの麓にあり、標高3,790mのシェルパ族の里です。
村からはヒマラヤを代表する高峰を眺められ、世界各国の登山隊をサポートする優秀なシェルパを多数輩出していることでも有名です。

正面の切り立った雪山「アマ・ダブラム」は、シェルパ語で「母の首飾り」と呼ばれ、ヒマラヤ山脈にある標高6,856メートルの山です。

もう一点の出品作「クムジュン村の若者」

生徒作品大作

この作品も奥行きはしっかり描けています。
絵の具の厚みもあります。

二段掛けの上に展示されていたので細部の紹介はできませんが、色の変化にも気を配られています。
人物の右手側は商店ですが、影に沈む商品は写真をそのまま写したような表現ではなく、一つ一つの存在が分かるように描かれていました。
(この写真では黒く見えますが…)

この点は、教室で習作を制作していた際に指摘していたこともあって、それを素直に実践したということでしょう。

ただ、人物のプロポーションに問題があります。
大きく目立ったところでは、頭の大きさや上半身と下半身のバランスなどがそうです。
この点は今後の課題となる部分ですね。

最後に

コロナの影響であまり良いニュースがない中、今回のニュースは当教室にとって嬉しい知らせでした。
一日も早いコロナの収束を願うばかりです。


■ 「坂元忠夫の絵画教室」については、以下のリンクをクリックの上、ご参照ください。

遠近法、色彩、人体、構図などの講座ブログは、「絵画講座 / インデックス」として、まとめてありますので、ご活用いただければ幸いです。

■ 絵画講座 / インデックスはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました