失敗しない絵画教室の選び方

悩む女性

絵画教室といっても、さまざまなスタイルがあります。

大手、個人、地域、趣味、受験など、その規模やレッスン内容も実にいろいろあります。

ネットで検索すれば簡単に探すことはできますが、どの教室を選んでいいのか迷いませんか。

せっかく入会したのに、思っていたことと違うというのはよく聞く話です。

この記事では、自分に合った絵画教室の選び方を紹介します。

失敗しない絵画教室の選び方…理由・目的を明確に

当教室には「まわりまわって6軒目」でようやく納得できる教室に出会うことができた、と仰る生徒さんがいます。

この生徒さんの場合、自分がどんなことを習いたいのかはっきりしていました。
だから、妥協せずに探し続けることが出来たのです。

「なぜ行くのか」、「何を学ぶのか」という理由や目的は、絵画教室を選ぶ際にとても重要です。

絵を描くのが好きだから

友人が絵を描いているから

趣味を増やしたいから

孫の絵を描きたいから

絵が上手くなりたいから

油絵や水彩画を描きたいから

旅先でスケッチしたいから

受験で必要だから

公募展に出品したいから

画家になりたいから

絵の好きな友人を作りたいから

仕事に活かすため

子どもの情操教育のため

・・・・・・

挙げればきりがありませんが、まずは理由や目的を、明確にしておくことが大切です。

美大への進学を考えているなら、受験対策のクラスがある予備校や教室を選びます。
趣味や友人を作りたいのであれば、自宅から通いやすい教室を選べばいいでしょう。
絵を描くのが好きだとか、上達したいのなら、講師の作品を見て判断する手もあります。 

失敗しない絵画教室の選び方…規模や種類で選ぶ

絵を描く女性

新聞社や大手企業が主催している「カルチャースクール」

生徒数が多く施設も整っています。
※ 最近では生徒数の少ないところも増えており、一概には言えませんが…。

しかし、生徒数が多いということは、個人指導やアドバイスが受けにくいということでもあります。

また、趣味の方向性が強く、踏み込んだ指導を期待できないことが多いようです。

友人を作りたいという方には向いているかもしれません。

月謝や退会などの事務的なことは、講師と直接話す必要がないので、その点は気楽とも言えます。

個人経営の絵画教室

講師と生徒の絆が深く、質問もしやすいです。

プロの画家が経営している教室もあり、レベルの高いレッスンを受けられることも多いでしょう。

月謝や退会については、講師と直接話す必要があります。

地域の公民館などでの絵画教室

とにかく安いということがメリットでしょうか。

月謝が安くて自宅から近ければ、気軽に始めやすく続けやすいです。

ただし、教室によっては講師がいない場合があります。

上達を希望する方は、レッスン内容をしっかり確認するべきです。

失敗しない絵画教室の選び方…体験してみる

無料の体験講座を実施している教室はたくさんありますから、積極的に参加してみてください。

その中でチェックするのは次の2点です。

場の雰囲気

「類は友を呼ぶ」という通り、教室には似たような人が集まっています。
一度レッスンを受けてみれば、その雰囲気はだいたい分かります。

■ お喋りが多くてにぎやかな教室、黙々と制作に集中している教室の2つに分かれます。

指導の仕方

講師には褒めて伸ばそうとするタイプと、積極的にアドバイスをするタイプがいます。

注意は一切しないというか、ほとんど教えない方もいます。
体のいい誉め言葉だけで終わってしまうタイプの指導です。

これを指導といっていいのか疑問を感じますが…。

自分に合う指導法がありますから、体験中に判断してみてください。

最後に

自分に合う教室を見つけることは簡単ではありません。

しかし、最初に挙げた通り、教室に通う理由や目的をしっかり持っていれば、正しい選択ができるはずです。


遠近法、色彩、人体、構図などの講座ブログは、「絵画講座 / インデックス」として、まとめてありますので、ご活用いただければ幸いです。
■ 絵画講座 / インデックスはこちら

坂元忠夫の絵画教室の詳細は、以下のリンクをクリックの上、ご参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました